2023年 2月 3日 (金)

スペイン戦日本「ギリギリ」勝利! 「勝負の分かれ目」判定を検証 (スッキリ)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「オレやっぱり、この日本代表、好きだわ!」というMCの加藤浩次の一言で、きょう2日(2022年12月)の「スッキリ」はスタートした。約2時間前に終了したW杯カタール大会のスペイン戦に勝利し、決勝トーナメント進出を決めた日本代表の話題で、番組冒頭からテンションは上がりっぱなしだった。

   「きれいな勝ちとは言えませんよ。でも泥臭くて全員で頑張って、勝った。くーっ、かっこいい!」とまくしたてた加藤は、「皇帝」と呼ばれたドイツの元サッカー選手、ベッケンバウアーの「サッカーは強いチームが勝つんじゃない。勝ったチームが強いんだ」という名言を、顔を真っ赤にしながら紹介した。

  • 「審判によっては…」の分析も(写真はイメージ)
    「審判によっては…」の分析も(写真はイメージ)
  • 「審判によっては…」の分析も(写真はイメージ)

「もう少し細くしていたら...」

   番組では、試合の名シーンや試合後の森保一監督や選手たちのコメントをたっぷり伝えた。阿部祐二リポーターは、東京・渋谷のスポーツバーで盛り上がるサポーターたちのもようをリポートした。

   加藤とサッカー元日本代表の松井大輔氏が注目したのは、後半の日本の2点目。ゴールラインを割ったかと思われたボールを三笘薫選手が折り返し、田中碧選手のゴールにつながったシーンだ。

   番組は、三笘選手がボールに触った瞬間、上から撮った拡大写真を紹介した。ボールの接地面はライン外だったが、ボールがライン上にかかっていたため、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でゴールが認められた。

   加藤「ギリギリですよ。ラインを作る人がもう少し細くしていたら...」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「テレビで見ていたら、完全にアウトのようでした」

   松井「審判によってはアウトになる可能性もあった。VARサマサマ、ですね」

   加藤「これはすごいよ、こんなこと、あるんだよ」

   森圭介アナウンサー「勝負の分かれ目になりました」

(キャンディ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中