2024年 2月 24日 (土)

中国で「レモンの奪い合い」のワケ (THE TIME,)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

新型コロナウイルス感染症が爆発的に拡大する中国で、市民がレモンに殺到している。19日(2022年12月)の「THE TIME,」で、けさのトピックをまとめてチェックする「知りTIME,」が取り上げた。

 「おい!早くくれよ!」「動くなって!」「閉じないで!何するのよ!」

中国の浙江省で、段ボールに入ったレモンに市民が殺到している。発端は、ある病院院長の発言だった。地元メディアによると、「コロナ感染による鼻づまりなどの軽症には、レモンをお湯に入れて飲むといい」。各地で、レモンの奪い合いが始まった。

  • TBSサイトの「THE TIME,」番組ページより
    TBSサイトの「THE TIME,」番組ページより
  • TBSサイトの「THE TIME,」番組ページより

トランプ氏「重大発表」の中身

買い占めで、卸値は1週間で3倍に跳ね上がっているという。

医療機関もパンク状態で、「藁をもつかむ」いや「レモンをつかみたい」状態のようだ。

 今年も残り、2週間。話題変わって新潟県では、巫女さんたちが初もうでの準備を始めている。

新潟縣護国神社では18日、「あーげましょ、あーげましょ。運気をあーげましょ」。

5万体のおみくじを囲んで座った18人の巫女さんが、そういっておみくじを混ぜ合わせ、最後に一斉に、宙に放り上げた。「みくじ上げ」という神事で、参拝者の運気上昇の願いを込める。このおみくじは、大みそかの朝から引くことができるそうだ。

次は、トランプ・前米国大統領の「重大発表」って、これか?

トランプ氏が「自身のトレカ」を発売した。筋肉ムキムキマンが、目からビームを出している。顔はトランプ氏。宇宙飛行士の格好をしたイラストもある。

トランプ氏が「重大発表」として、大々的に宣伝した、自身のトレカ4万5000枚が1日で完売したと、発表された。価格は約99ドル(1万3500円)。なかには、トランプ氏とディナーやゴルフを楽しめる特典がついた「レアカード」もあるそうな。

うーん。政治や暮らしには「遊び」も必要だとは思うが、そんなヒマあったら、あんたが握手した金正恩総書記のその後や対中外交、ウクライナの行方とか、ほかに、考えることあるだろ。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中