2024年 5月 20日 (月)

フワちゃん、滝沢カレン、東野幸治、羽鳥慎一が撮ったドキュメンタリー「芸能人監督グランプリ」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   12月2日、日本テレビ系で、午後7時から2時間にわたって放送された「芸能人監督グランプリ」を見ました。

   この番組は、日本テレビの執行役員高橋利之君の企画・演出によるものです。

   内容は、ドキュメンタリーに興味を持っている芸能人が、心から向き合いたいと思ったテーマに沿って、自分でカメラを回し、編集ナレーションも担当して作った、ドキュメンタリーです。

   フワ(フワちゃん)監督が撮る上沼恵美子、東野幸治監督が撮る草彅(なぎ)剛、滝沢カレン監督が撮る黒柳徹子、羽鳥慎一監督が撮る斎藤佑樹(ハンカチ王子)といったラインアップです。

  • 日本テレビサイトの「芸能人監督グランプリ」番組ページより
    日本テレビサイトの「芸能人監督グランプリ」番組ページより
  • 日本テレビサイトの「芸能人監督グランプリ」番組ページより

羽鳥監督が撮った斎藤佑樹が心に残る

   それぞれ、バラエティーに富んだ面白い内容でしたが、一番心に残ったのは、羽鳥慎一監督が撮る斎藤佑樹でした。

   羽鳥は、元高校球児で大の野球ファンです。斎藤は、早稲田実業3年の時にエースとして、夏の甲子園に出場し、決勝再試合の末、田中将大擁する駒大苫小牧を下して、優勝しました。この大会で、斎藤が青色のハンカチで汗をぬぐう姿から「ハンカチ王子」と呼ばれるように。そう言われることを本人は意識していないし、むしろ嫌だったと言います。その後、早稲田大学を経て、日本ハムファイターズにドラフト1位で入団しました。

   日本ハムファイターズで約10年を過ごした後、第2の人生として、会社を設立して社長に。将来の夢は、少年野球場を作ることだと、明るい表情で語ります。

   羽鳥も、その様子を、真剣に温かいまなざしで取材します。最後に「あのハンカチは、今、とってありますか?」と聞くと、「ハンカチという物で、いろいろな人と出会えました。これからも、大切にしたいです」と答えます。斎藤が成長した姿を感じることができました。

   「芸能人監督グランプリ」という企画は、今までになかったもので、次回が期待できます。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中