2024年 3月 2日 (土)

3冠王ヤクルト村上の3億円ハウス現状は? (THE TIME,)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ことしのプロ野球の話題といえば、史上最年少三冠王に輝いたヤクルトの村上宗隆選手。神がかった活躍ぶりを称した「村神様」というワードが新語・流行語大賞の年間大賞にも選ばれた。その村上選手が、きょう28日(2022年12月)の「THE TIME,」にメッセージを寄せた。

  • プロ野球で「最年少」記録が
    プロ野球で「最年少」記録が
  • プロ野球で「最年少」記録が

リクエストにこたえるため...

   三冠王にちなみ、村上選手はスポンサーの「オープンハウス」から3億円の豪邸をプレゼントされたのだが、豪邸の建設はどこまで進んでいるのだろうか。番組が同社を取材すると、「まだ決まっていません」と広報宣伝部の計屋晴香さん。村上選手のリクエストにこたえるため、現在計画を練っている最中だといい、「キャンプイン(来年2月)までには方向性を絶対決めたい」と話していた。

   番組の取材に対し、村上選手がMCの安住紳一郎に寄せたメッセージがこれだ。

「来年もたくさんホームランを打って、オープンハウスさんから家をもう1軒もらえるように頑張ります。スタジオの安住さん、来年は是非、神宮球場にスワローズの取材に来てください。『Yakult 1000』を用意して待ってます」

   「ストレス緩和」や「睡眠の質向上」のうたい文句で爆発的なヒットで品薄となっている商品を「エサ」に呼びかけた。

   VTR終了後、「Yakult 1000、魅かれちゃう」とニヤニヤしていた安住だが、実は横浜ベイスターズファン。村上選手が日本人選手新記録となる56本目の本塁打を打った際の相手がベイスターズの入江大生投手だったことを持ち出し、「56本目を打ったときの入江投手の映像が何度も使われるから...。あそこを勝負に行った入江投手をほめてあげてほしいですね」となぜか、村上選手ではなくベイスターズの選手を讃えていた。

(キャンディ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中