2024年 2月 23日 (金)

「18歳以下に月5000円」都方針 「純粋にうれしい。ただ...」高橋真麻の懸念点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   少子化対策として、東京都の小池百合子知事が「0歳から18歳までの子どもに月5000円程度の給付」をきのうの職員向け新年あいさつで打ち出した。日本全国の出生数は今年度年間80万人を初めて切る見通しだ。5日(2023年1月)の「スッキリ」が伝えた。

  • 高橋真麻さん
    高橋真麻さん
  • 高橋真麻さん

加藤浩次「老後の心配もちょっとありますよね」

   小池知事によると「静かなる脅威にさらされています。それは少子化」ということで、「一刻の猶予も許されない」と強調した。月5000円は「地方との教育費の差」から出した数字で、支給に所得制限は設けない。

   3歳児がいる女性(35)は「もらえればうれしい。保育料、余裕があったら習い事に使う」、3歳の子を持ち2人目を妊娠中の女性(36)は「少ないけれど、ないよりはいい。育児や家事をサポートする制度があったらいいですね」と話した。

   2人目を産んだばかりの高橋真麻(タレント)「おむつ代も月5000円ぐらいかかるし、純粋にうれしい。ただ、もう1人産むかに直結するかはむずかしい」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「高度成長期は、みんなもっとお金がなかったし、家も狭かったが、どんどん子どもを産んだ。今は非正規雇用が多く、どうしてもちょっとやめておこうか、となるのが必然的な感じがする」

   司会の加藤浩次「老後の心配もちょっとありますよね」

   国には3歳未満に一律月1万5000円、3歳から小学生までに月1万円(第3子以降は1万5000円)、中学生に月1万円の手当てがあり、これは年収1124万円を目安にした所得制限つきだ。岸田文雄首相もきのう「異次元の少子化対策」を打ち出したが、具体的な内容は不透明だ。

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中