2024年 3月 4日 (月)

前田公輝「グミ愛」VS博多大吉「ガムを死守」 鈴木奈穂子アナ「数時間いけますね。この話」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   お笑いタレントの大島美幸さんと俳優の前田公輝さんが1月12日(2023年)の「あさイチ」にゲスト出演。この日の番組は視聴者の「キニナル疑問」に答える回ということで、今大ブームになっているという「グミ」の世界を紹介した。

   大のグミ好きだという前田さん、「僕が日常的には欠かせないものが...」と言いかけながら、おもむろにジャケットの前を開いた。そこに表れたのは、Tシャツに書かれた「レッツ!グミニケーション」の文字。

  • NHKの「あさイチ」番組サイトより
    NHKの「あさイチ」番組サイトより
  • NHKの「あさイチ」番組サイトより

「グミポーズ」も

   それを見た博多華丸キャスターは、前田さんが前作の連続テレビ小説「ちむどんどん」で島豆腐屋の息子だったことに触れ、「島豆腐でしょう?」とすかさず一言。

   その後も「グミポーズ」を決めるなど、グミ愛をさく裂させていた前田さん。

   お気に入りのグミを紹介している時は、勢い余って「バンダイさんが出しています」と思わず企業名を口走ってしまうシーンも。「あ、言っちゃった...ごめんなさい!」と口元を抑える前田さんに、博多大吉キャスターが「もう取り返せない。言ったものは」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれた。

   この後、そんな前田さんに痛恨のミスが。「新作グミを手軽に開発するための『ある食べ物』とは?」というクイズで「じゃがいも」と答えたのだが、正解は「とうもろこし」。グミの型にとうもろこしのでんぷんで作られるコーンスターチ粉が使われているそうだ。

   この間違いについて、華丸キャスターに「間違ってるやん。豆腐屋に戻れ、豆腐屋に!」といじられた前田さん。「そうですね」と申し訳なさそうな顔を作った。

   グミ世代ではないという華丸・大吉キャスターとのプチバトルも展開された。

   大吉「こうなったらもう、ガムを死守するしかない」

   前田さん「グミって飴みたいに舐めてもいいですし、噛んでもいい。選択ができる」

   華丸「でもいずれなくなるでしょ?ガムはずっとありますからね」

   大島さん「そうですよね。ちょっと置いたらまた味しますもんね」

   前田さん「ちなみに、グミとガムが合わさったものも今出ています」

   まだまだ言いたいことがありそうな前田さんに鈴木奈穂子アナは「数時間いけますね。この話」とコメントしていた。

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中