2024年 2月 23日 (金)

東京湾に「あれ~トドちゃん」 加藤浩次が抱く強烈な違和感とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「東京湾にトドです」という阿部祐二リポーターの声があがった。羽田空港近くの海上から、18日(2023年1月)のスッキリは早朝に生中継、岸壁の上にいる体長約2メートルの姿をとらえた。

   ボートで現場に向かった阿部リポーターは「あ、見えた、いる」とテンションもアップ。映像は羽田空港D滑走路付近の海や、石と土盛りの岸壁、さらに上空には飛び立つ飛行機も。白と茶色のまじるトドが「曇り空に伸び」(阿部)をしていた。目撃から4日目だという。

  • 海に関係する話題が(写真はイメージ)
    海に関係する話題が(写真はイメージ)
  • 海に関係する話題が(写真はイメージ)

「そういう漁業者の現実がある」

   沖釣り中の15日に撮影した男性は「人かと思い近づいたら大きい動物で、オットセイかアザラシかと驚いていました」と話した。

   動物研究家のパンク町田さんは「東京湾にトドがいるのは聞いたことがない。北海道から来たんだと思います」と語る。トドは北太平洋の寒い地域に生息し、この時季は北海道にもよくいる。東京湾のトドは、群れからはぐれた可能性がある。「体調がよければ群れを外れることはないと思う。円状の皮膚炎らしきものが多数見られるので、感染かケガをしてるのじゃないか。もうちょっと動きが緩慢になるまで放っておくほうがいい」と町田さんは指摘した。

   現場中継の阿部リポーター「ちょっと前にお休みのうつぶせ状態に。いい情報です。ここはトドの好物のタコがいっぱいいるそうで、トドは昼までのんびりし、夕方に海に入るルーティンをくりかえしているということです」

   司会の加藤浩次「東京の人は珍しいんでしょうね。僕は北海道(出身)だから、トドいた? だから?って感じです」

   水産庁によると、刺し網の破損や魚を食べられるといった漁業被害が年間10億円あるそうだ。

   加藤「そういう漁業者の現実がある。『あれ~トドちゃん』とか言っちゃうのかーと思いますよね」

   宮崎哲弥(評論家)「大都市の人にとっては野生動物がいるのにいやされたり、愛着を感じたりするのも無理はない。『羽ちゃん』とか名づけたらダメ?」

   加藤「つけると愛着持ちすぎませんか」

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中