2024年 4月 13日 (土)

日本の治安は改善?悪化? 「実数よりも体感が大切」(橋本五郎)

   フィリピンで収監されている特殊詐欺の容疑者たちの強制送還の話題に続けて森圭介アナが紹介したのは警察庁のアンケート調査の結果。森アナは「昨日2月2日(2023年)、警察庁が、あるアンケート調査の結果を発表しました」と切り出した。3日の「スッキリ」。アンケートの質問は「ここ10年で日本の治安はよくなったと思うか、悪くなったと思うか」。

  • 日本の治安は?(写真はイメージ)
    日本の治安は?(写真はイメージ)
  • 日本の治安は?(写真はイメージ)

アンケートの結果は?

   タレントの大沢あかねは「SNSの発達でいろいろなニュースを見ることができるようになり、いろんな犯罪のニュースも目に入る。治安が悪くなったという体感はある」とコメント。

   SHOWROOM代表の前田裕二は「大沢さんと同じですね。全体の犯罪件数は減っていても、ニュースを目にする機会は増えているので」と「悪くなった」という回答が多いと予想。

   2人のコメントを受けて、森アナが「アンケートの結果は、67.1%の人が『悪くなった』『どちらかといえば悪くなった』と回答しました」と結果を明かす。

   街の人たちの意見を聞くと「悪くなった。子供の塾は送り迎えが必要だし、公園も心配。昔は地域の目があったが、今は不審者がどこにいるかわからない」(30代女性)、「安倍元首相の事件やバイトテロなど、治安は悪くなった」(専門学校生)など、多くが「悪くなった」と答えた。しかし、一方で「悪くなったというより、物価高でお金が足りず犯罪に走る人が出てきた」(30代女性)、「昔から物騒な事件は起きていた」(30代男性)など、異論を唱える人もいた。

   ちなみにアンケート結果では「よくなった」「どちらかといえばよくなった」は、わずか14.9%。アンケート調査が行われたのが、安倍元首相が銃撃された後だったことも影響した可能性がある。

   森アナが刑法犯の認知件数の推移を示したグラフを示し「2002年に285万件だったのをピークに減少し、21年は戦後最少の57万件。22年はコロナ明けもあって60万件と微増していますが、20年で4分の1以下に減っているんですね」と説明。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中