2024年 5月 27日 (月)

加藤浩次「ダメだよ~、これ。話にならない」 東京オリパラ不正、今度は「談合」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   森圭介アナが「東京オリンピック・パラリンピックをめぐる不正で2月8日(2023年)、新たに4人が逮捕されました。不正がなされたとされているのは本大会の前に行われたテスト大会で、入札で談合があった疑いがもたれています。本来の入札は競争入札ですが、事前に調整して競争を行わなかったと疑われています。オリンピック・パラリンピックは税金をもとにした公金が投入されていますが、工費が不正に使われた可能性があるということです」と伝えた。

  • 東京オリパラのイメージが…
    東京オリパラのイメージが…
  • 東京オリパラのイメージが…

「贈収賄があって、さらに談合が...」

   逮捕されたのは組織委員会元次長の森泰夫容疑者ら4人。ほかに電通元五輪担当と受注したイベント会社2社の役員がいる。元次長は日本陸上競技連盟からの出向で、大会運営のキーパーソンともいわれる人物だった。

   談合事件の舞台となったのはテスト大会の入札。落札総額5億3000万円のテスト大会の入札結果を見ると、落札した企業について「他社より優位と認められたため」と記されていたが、26件の入札の半数以上が競争相手のいない入札だった。テスト大会を入札した企業が、入札なしでそのまま本大会の業務を受注している。本大会の契約金総額は400億円に上る。

   テスト大会の入札に際しては、入札に参加しそうな企業の意向を取りまとめた一覧表が作られ、企業同士の談合に使われたとみられている。

   若狭勝弁護士は「組織委員会の中で今回の談合のスキームを考え、実行したのが森さんということだと思います。組織委員会という発注者側の組織ぐるみのものと考えうる」と話している。関係者によると、森容疑者は容疑を認めているという。

   司会の加藤浩次は「汚職があって、贈収賄があって、さらに談合があって......ダメだよ~、これ。話にならない」と切り捨てるようにコメント。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中