2024年 2月 25日 (日)

サバショックでサバ缶値上げ 「記録的な不漁」(杉山真也アナ)

   今度はサバ缶の大幅値上げである。けさ22日(2023年2月)の「THE TIME,」で、杉山真也アナが「サバショックの話題です。記録的な不漁によって、サバ缶が値上げ、さらに入荷量も激減しているといいます」と伝えた。

  • サバ不漁のニュースが(写真はイメージ)
    サバ不漁のニュースが(写真はイメージ)
  • サバ不漁のニュースが(写真はイメージ)

出荷停止の社も

   水産大手「マルハニチロ」は、看板商品の「月花さば水煮」を4月から341円を411円に70円アップ、他のサバ缶も最大23%値上げすると発表した。水産加工会社「極洋」「高木商店」も多くのサバ缶を出荷停止にする。

   とにかく、サバが獲れないのだ。全国でも有数の水揚げ量の宮城・石巻魚市場では、昨シーズンは1万8000トンあったが、今シーズンは1万トンに減少した。

   東京・新橋の缶詰専門店にも、店頭に置いてあるのは去年入荷したサバ缶ばかりで、「今年に入って全然は入ってきてないものもあります」と話す。スーパー「ゑびすや商店」は「お客様にいちばん人気のある魚の缶詰ですが、非常に入荷が薄いです。先々の入荷数量についても、おぼつかないものがあります」という。現在の入荷量は普段より3割少ない。

   「不漁はしばらく続く見込みです」(杉山アナ)というから、サバ缶だけでなく、生魚やさば寿司なんかも値が上がっていきそうだ。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中