2024年 4月 23日 (火)

大学生を連れて日本テレビへ―「世界の果てまでイッテQ!」生みの親と質疑応答

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   私は、「iU情報経営イノベーション専門職大学」で客員教授を務めています。

   以前このコラムで取り上げましたように、今年も日本テレビ専門局次長、ゼネラル・ディレクター古立善之君の快諾を得て、「世界の果てまでイッテQ!」のスタジオ見学を、この2月末に行いました。参加した学生は12名でした。

   日本テレビの麴町スタジオに行き、収録の前に、番組の企画・総合演出の古立君と、学生との間の質疑応答が設けられました。

   そこで、古立君は番組が成立したときの状況や苦労談、うまく行きだしてから、今日に至るまでの状況等を、真摯に語ってくれました。

  • 日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」番組サイトより
    日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」番組サイトより
  • 日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」番組サイトより

「イッテQ!」にイモトアヤコを起用した決め手は?

   その中でも、心に残っているのは、タレントのイモトアヤコを、古立君が起用した経緯です。これは、女子学生が質問しました。イモトアヤコが面接を受けたときのVTRを見た古立君は、「応答が良かった。応答までの、間が無い。1カットで行ける」と、イモトの起用を決めました。イモトは、その後「世界の果てまでイッテQ!」で、「珍獣ハンター」として大活躍したほか、「イッテQ!登山部」で世界の有名な高峰の登頂に成功しました。

   次も、女子学生が質問しました。古立君の新番組のタイトルの考え方です。

   彼の答えは、「小学生が喜ぶ、家族そろって見られるものにする」でした。これは、学生たちも納得していました。

   こんな質問もありました。

「番組の演出に、理論はありますか」

   これに、古立君は「演出に、理論はあります。より、伝わる方法を考えるのが、ディレクターです」

   これは、私も全く同感でした。

   収録の見学を終えて、学生たちは満足して、興奮を抑えきれないような様子で帰って行きました。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中