2024年 2月 29日 (木)

大谷翔平「看板直撃」3ランをどう伝えるか TBS安住アナが感心した「紙面の作られ方」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ワールドベースボールクラシック(WBC)2023で侍ジャパンは、1次ラウンドプールB首位通過をかけて12日(2023年3月)にオーストラリアと対戦。今日13日の「THE TIME,」はこの話題を大きく報じた。

   試合前には侍ジャパン公認サポートキャプテンの中居正広が大谷翔平を直撃取材。

   中居「緊張することはありますか」

   大谷選手「ないです。嘘です緊張します」

   中居「スイングで心がけるのは」

   大谷選手「初見のピッチャーなんで見てもしょうがない。基本的にストライクの球をしっかり打つ」

  • 大谷翔平選手
    大谷翔平選手
  • 大谷翔平選手

スポーツニッポン編集局で...

   そんな大谷の第一打席は初回ノーアウトランナー1塁2塁で回ってきた。ここまでホームランが出ていなかった大谷だが、完璧にカーブをとらえた打球は自身の看板を直撃する特大の先制の3ランホームラン。このボールをキャッチしたのは福島から応援に来た赤津優奈さん(20)。「うぉーと思って、離さないと思って握りしめました。心臓バクバクして止まらなかったです」(赤津さん)

   その後もヌートバー選手のタイムリーヒットなどで得点を重ねた侍ジャパン。投手陣も先発の山本由伸が8奪三振を奪うなどの好投で7-1とオーストラリアを下し、4連勝で1次ラウンド首位通過を決めた。大谷選手は試合後「いい角度で上がってくれたので、入ってくれという気持ちで見ていました。子どもの頃から夢見ていました。なんとか一本打てて、次の試合以降も打てるよう頑張りたい。優勝目指して頑張るので、応援よろしくお願いします」と語った。次の相手は強豪のキューバとオランダを撃破し、混戦のプールAを2位通過したイタリア。3月16日に東京ドームで準々決勝が行われる。

   そんな中、番組が注目したのがスポーツニッポン編集局で行われたもう一つの戦い。翌日の一面は当然WBCかとおもいきや「悩みどころ。うち主催で王将戦という将棋のタイトル戦やってるんです。そこで世紀の一戦、藤井さん勝ちましたので」(スポーツニッポン編集局・阿部公輔次長)

   勝者のコスプレ写真が1面を飾ることが恒例の王将戦。1面の担当者はWBC試合開始前からすでに藤井5冠で紙面を作成中だが、阿部次長は「結果次第で1面変わってくるかなと思っています」と試合の行方を見守る。

   そこに飛び出した大谷選手の先制3ラン。「自分の看板。すごいね」「大谷看板に当たりましたよ」と編集局でも。この展開に「1面は大谷にチェンジで。藤井くんの柱(見出し)は必ず入れて」と阿部次長。その後侍ジャパンがリードを広げる中、スポーツニッポンでは「ここに当たったんだよっていうのが全景で分かる写真」「ありますよ」と1面の写真選びが進む。打った瞬間の大谷の写真選びも「振り切った感。綺麗すぎるっちゃ綺麗すぎる」「一回作ってみていいですか」と議論が繰り返される。出来上がりの1面はどうなったのか。

   司会の安住紳一郎「今朝のスポーツニッポンご覧いただきましょう。こちらになりました。自分の看板に充てたということを端的に伝えるために『大谷看板役者弾』としたんですね。こうやって紙面って作られるんですね」

   宇賀神メグアナウンサー「伝わってきますね。まさにとらえてる言葉ですね」

   安住紳一郎「本当ですね。スポーツニッポン、ぜひご覧ください」

(みっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中