2024年 5月 30日 (木)

WBC大谷フィーバー続報 羽鳥慎一「アメリカが評価している」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   WBC(ワールドベースボールクラシック)の日本代表・侍ジャパンが帰国して、秘話や後日談がよく出てくる。とくに多いのは、やはり大谷翔平選手の関係だ。24日(2023年3月)のモーニングショー。

  • 大谷翔平選手(2017年撮影)
    大谷翔平選手(2017年撮影)
  • 大谷翔平選手(2017年撮影)

長嶋一茂「アメリカ国民、MLBが...」

   帰国の記者会見で吉村禎章コーチが語ったのは、DHで出場していた大谷の二刀流登板。ベンチにいて「バッティングのことばかり考えていて、最後に投げるとは知らなかった。途中で大谷がいないので、聞いたらブルペンにいったとの話だった」という。

   その9回、最後の打者、アメリカチームのキャプテンでエンゼルスのチームメートでもあるマイク・トラウトとの対決を大谷は「僕のベストを超える投球をしないと抑えられないと思い、ここまでこられた野球自体に恩返しするつもりでベストを出したかった」と話した。栗山英樹監督はきのう夜の報道ステーションで「物語ですよね、完全に。最後に大谷とトラウトの対決なんて」と驚きを隠さなかった。

   そこでトラウトを三振にうちとった大谷は喜びのあまり、グラブや帽子をグラウンドに放った。その帽子は米国の野球殿堂博物館に、吉田正尚選手のバットなどとともに寄贈されることが決まった。

   長嶋一茂(元プロ野球選手)「アメリカ国民、MLB(メジャーリーグ)が認めたということだ」

   司会の羽鳥慎一「アメリカが評価している」

   米球界の代表的投手が選ばれるサイ・ヤング賞3回受賞のペドロ・マルチネス氏は大谷について「翔平、あなたの努力、鍛錬、野球のために行ってきたすべてのことに感謝する」と称えた。

   大谷はすでにアリゾナのエンゼルスキャンプに合流。あすマイナーリーグ登板し、31日のアスレチックスとのメジャー開幕戦で先発が予定されている。

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中