2024年 5月 25日 (土)

WBCで世界一の野球の面白さを見せてくれた侍ジャパン

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   この春行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)をテレビで見ました。

   結果は皆さんもご存じのとおり、日本が決勝トーナメントの準決勝戦でメキシコに逆転勝ちし、決勝戦は、アメリカにも逆転勝ちを収め、2009年以来14年ぶり3度目の世界一を、一次ラウンドから、7戦全勝で奪還しました。

   アメリカとの決勝戦は、3月22日の午前中(日本時間)だったにもかかわらず、テレビ朝日系で世帯視聴率42.4%という数字を取りました。

   準決勝のメキシコ戦は、3月21日(日本時間)行われ、日本が劇的な逆転サヨナラ勝ちをしました。

   この試合は、9回裏日本の攻撃まで4対5で、日本が負けていました。9回裏の先頭バッターは3番大谷で2塁打を打ち、大谷は2塁の塁上で、日本チームに向かって「カモン!カモン!」(「やるんだ!」)と、ガッツポーズをとって、日本チームを鼓舞。次の4番吉田は四球を選び、ノーアウト1塁2塁。5番村上は、WBCでは不調で打順も1つ下げられていましたが、センターへのタイムリー2塁打で、ランナーは2人生還して、6対5の逆転サヨナラ勝ちを収めました。

   日本選手達も、スタンドにいるファンも日本で見ていたファンも、狂喜乱舞しました。

  • WBCが大きな盛り上がりをみせた(写真はイメージ)
    WBCが大きな盛り上がりをみせた(写真はイメージ)
  • WBCが大きな盛り上がりをみせた(写真はイメージ)

日本の野球は本当に強かった!

   翌3月22日の決勝戦は前回優勝の強豪アメリカが相手で、アメリカがホームランで1点を先制しました。これを追う日本は村上と岡本のホームラン等で、3対1と逆転。8回表、ダルビッシュがマウンドに上がり、ホームランを打たれ3対2となりました。

   9回表、ピッチャーは大谷、2アウトになって登場したのはトラウトです。彼はアメリカでは現役最高の野手と評判が高く、大谷とは、エンゼルスで仲が良い友達です。

   1発ホームランが出れば同点という場面、カウントは3ボール2ストライクのフルカウントで、トラウトは空振りの三振を喫しゲーム終了となりました。

   勝った瞬間、大谷はグローブと帽子を放り投げて喜びを爆発させ、そのまわりに侍ジャパンの歓喜の円陣ができ、ファンも大喜びしました。

   「日本の野球は、本当に強い。世界一だ」と実感しました。何よりも、日本選手みんなの力の賜物だと思います。

   日本チームの栗山監督は、日本ハムの監督時代に、入団した大谷に二刀流を勧め、育て、快くメジャーに送りだしてくれた人です。大谷も「栗山監督でなければ、WBCでお世話になってなかった」と言ってます。

   野球っていいなあという思いと同時に、大変な感動をもたらすものだということを実感しました。

   番組の絵も、上手く撮っていました。例えば、大谷の「カモン!」の所とか、個々のメンバーとか、球場に来ている観客のリアクションの撮り方です。

   地上波のテレビも、まだ大丈夫だと思いました。WBCを見て、本コラムで何回も言っていますが、「生放送が、地上波テレビが生き残るポイントだ」という思いを、改めて強く持ちました。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中