2024年 2月 24日 (土)

坂本龍馬(ディーン・フジオカ)に「もう会えない」? 「らんまん」ナレーションにやきもき

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK朝ドラ「らんまん」4月5日(2023年)放送の第3話で、ディーン・フジオカさん演じる坂本龍馬の今後に注目が集まった。(ネタバレあり)

   家を飛び出した先の神社の境内で出会った龍馬に、槙野万太郎(森優理斗さん)が「わし、生まれてこん方がよかったがじゃと」とこぼす。龍馬は

「はぁ!?そんなこと言うガキは頭から食ろうちゃる!生まれてこん方がよかった?ほんなら頭から食われても文句はないやろ!望み通り頭からバリバリ食ろうちゃる!」

とまくしたてて万太郎を担ぎ上げた。

  • NHKの「らんまん」番組ツイッターより
    NHKの「らんまん」番組ツイッターより
  • NHKの「らんまん」番組ツイッターより

鈴木奈穂子アナ「また会えますかね?」

   気を失った万太郎が目を覚ますと、龍馬は

「坊、生まれてこん方がよかった人らあ、一人もおらんぜよ」

などと諭し、

「おまんも、大きゅうなったら何でもできる。望む者になれるがやき。さあ望みや!おまんは何がしたいがぜ?」

と聞いた。

   龍馬の元に迎えがやって来て、龍馬は「もしわしに息子がおったら、こんな風に遊んだがかのう」とつぶやき、「坊、息災にのう。餅美味かったぞ」と万太郎に告げて走り去ってしまった。

   峰屋に深尾家の家臣、塚田昭徳(榎木孝明さん)が訪れ、万太郎に

「町人とはいえ、今の時勢を思うとな、ご家中の子弟が峰屋の跡継ぎと交われば、きっとこの先の助けとなろう」

として、士族の学問所の名教館(めいこうかん)に通うよう勧めた。その後のナレーションで、

「この年の10月、土佐藩が幕府に提出した建白書が歴史を大きく動かします。世に言う、大政奉還です」

と解説された。

   龍馬は大政奉還の直後に暗殺されたことから、ツイッターなどでは

「大政奉還来てしまった、、、、これは龍馬もう出てこないフラグ、、????」
「前回後半から総出演時間30分にも満たないのにもう会えないと思うと寂しいな......」
「龍馬さん、万太郎に会わなくてもあと1回くらいは出てきてくれるかな」

といった声が上がったほか、直後の「あさイチ」朝ドラ受けでは、鈴木奈穂子キャスターも「え、もう出てこない?また会えますかね?」と龍馬の行く末を気にしているようだった。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中