2024年 5月 23日 (木)

ムツゴロウさんが踊りだし...そして起きた「奇跡」 奈緒「絵本のようなお話」 (ZIP!)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ムツゴロウさんの愛称で親しまれた動物研究家で作家の畑正憲さんがおととい(2023年4月5日)、心筋梗塞のため 87歳で亡くなりました」と7日の「ZIP!」で菅谷大介アナが伝えた。番組は、ムツゴロウさんの半生を映像で振り返った。

   福岡で生まれたムツゴロウさんは東京大学で生物学を学び、1971年には北海道の無人島にクマや馬を連れて移住。その後設立したのが、動物たちと触れ合い、共に暮らすことを掲げた「ムツゴロウ動物王国」だ。

  • 日本テレビの「ZIP!」番組ツイッターより
    日本テレビの「ZIP!」番組ツイッターより
  • 日本テレビの「ZIP!」番組ツイッターより

追悼特集で「動物王国」エピソード

   動物と同じ目線で触れ合うのがムツゴロウ流。ライオンに指を噛みちぎられる、ゾウに噛まれるなどのハプニングにも度々見舞われていたが、動物との生死の駆け引きにすら幸せを感じていたという。

   菅谷アナ「世界中の動物と触れ合うテレビ番組も人気を博しまして、動物たちとの様々なエピソードも話題になりました。私も釘づけになりましたが、『わしゃわしゃ』っていうのが印象的ですよね」

   金曜日パーソナリティーの奈緒(俳優)「小学生の時によくワンちゃんに『わしゃわしゃ』ってやって真似していました」

   番組には、「ムツゴロウ動物王国」で30年以上勤務した藤本祐治さんがリモートで参加。ムツゴロウさんがどのように動物と向き合ってきたのかなどについて語った。

   司会の水卜麻美アナ「きっと、動物にも人にも、生きているもの全てに愛が深かった方なんだろうなと想像するのですが、人との付き合い方にはどんな印象がありますか?」

   藤本さん「ムツさんはその人任せにする。余計なことは言わないのですが、その分、愛を感じる方でした」

   藤本さんは、ムツゴロウさんの「動物愛されエピソード」についても語った。動物王国で子馬が生まれた時、嬉しさのあまりその場で踊り出したムツゴロウさんの横で、子馬も踊り出したというのだ。

   「私の目の前で。まずムツさんが子馬を誘う。『いいよ、踊ろうよ。踊ろうよ』って手を上げて。すると子馬も、お尻を振りながらピョンピョンと跳ねながら踊る。嬉しそうに踊りますよ」(藤本さん)

   このエピソードに水卜アナは「えー!かわいい~」と目を細め、奈緒も「絵本のようなお話」と感動していた。

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中