2024年 5月 31日 (金)

大谷翔平フィーバー、韓国でも 「THE TIME,」が伝えたその熱狂ぶり

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   メジャーリーグ・大谷翔平選手の活躍が止まらない。「ニュース関心度ランキング(黄砂につづいて)2位に大谷選手が入りました」と、13日(2023年4月)のTHE TIME,司会の安住紳一郎アナウンサーが、「きのうは今シーズン2勝目をあげ、伝説のピッチャーの記録もぬりかえました」と杉山真也アナウンサーが伝えた。

  • 大谷翔平選手
    大谷翔平選手
  • 大谷翔平選手

ファンサイトを立ち上げた女子高生も

   きのうのナショナルズ戦に投打の二刀流で出場した大谷は、魔球スイーパーが冴えた。「51センチ曲がった」とも米メディアに言われ、球審が粘着物質でも使っていないかとチェックする場面もあった(が球審の勘違いだった)。

   6奪三振1安打無失点。打者としてもレフト前ヒットを放った。昨シーズンから10試合連続2失点以下をマークし、これはノーラン・ライアン投手を超える球団新記録だ。「よくない点を一日一日リカバーをしっかりとって、健康にこなしていくのが一番と思います」と、大谷は試合後コメントした。

   大谷フィーバーは韓国にも。「おかげでMLB(メジャーリーグベースボール)にはまった」という女子高生や、大谷グッズを集めて「部屋に小さな博物館をつくっている。大谷は最も完ぺきに近い人間と思います」と話す男性もいる。ファンサイトを立ち上げた女子高生は「WBCをきっかけに休み時間はサッカーより野球をする人の方がふえた」とか。世界で大谷旋風がつづく。

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中