2024年 5月 24日 (金)

若き兵士2人の1日を追ったドキュメント「1917 命をかけた伝令」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   この作品は2019年制作のイギリス・アメリカの戦争映画で、2020年のアカデミー賞の作品賞にノミネートされ、撮影賞・視覚効果賞・録音賞を受賞しています。

   監督はサム・メンデス(イギリス人)で、実話をまじえたフィクションです。(この原稿は、ネタバレを含みます)

   時は1917年、ヨーロッパは第一次世界大戦の真っ只中にありました。

   イギリス陸軍は、航空偵察によってドイツ軍の後退を戦略的なものであり、連合国軍を誘引するための作戦であることを把握します。その情報を明朝に突撃予定のイギリスの連隊に、伝えようとします。しかし、情報を伝えるための電話線は切れてしまいました。

   そこで、若い兵士ウィル(ジョージ・マッケイ)とトム(チャールズ・チャップマン)が、現地へ行って、連隊に作戦中止の情報を伝えるよう命じられます。

「明朝の攻撃を中止させろ。1600人の命がかかっている。命の限り急ぐんだ」

   この連隊の中には、トムの兄ジョゼフもいました。敵陣の中を行かなくてはならない過酷な任務です。

  • 「1917 命をかけた伝令」DVDパッケージ(NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン)
    「1917 命をかけた伝令」DVDパッケージ(NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン)
  • 「1917 命をかけた伝令」DVDパッケージ(NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン)

「ワンカット」の優れたカメラワーク

   この映画の凄いところは、2人の兵士が、命令を遂行するまでの全過程を、ほとんどカットを割らない、1カット撮りに見えるように撮影していることです。見る側も彼らと一緒に進んでいるような臨場感があります。

   119分という長尺を、ほぼ1カットに見えるように撮るということは、想像を絶する量のリハーサルを積み重ねたもので、まさに、凄い映画なのです。アカデミー賞の撮影賞と視覚効果賞を受賞したのも、十分に納得できます。撮影監督は、ロジャー・ディーキンス(イギリス人)です。

   トムは途中で戦死してしまうのですが、ウィルがなんとか命令を伝えました。ウィルに抱かれながらトムが息を引き取るとき、トムの顔面が(これも1カット撮りですが)次第に蒼白になってゆくのにも、驚きました。

   この映画は、戦争の怖さ・悲惨さ、それに立ち向かう人間たちの必死さといったものを訴えている、優れた昨品です。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中