2024年 4月 20日 (土)

岸田首相に爆発物 容疑者の「黙秘」が意味するコト(めざまし8)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   17日(2023年4月)の「めざまし8」は、和歌山市の漁港を選挙の応援で訪れていた岸田総理に爆発物を投げつけ、現行犯逮捕された木村隆二容疑者(24)について伝えた。倉田大誠キャスターが「警察の調べに対し、『弁護士が来たら話します』と語り、いまだ黙秘を続け雑談にも応じていないという容疑者。いったい動機はなんなのか。『めざまし8』は同級生を取材。その人物像を追いました」と切り出した。

   容疑者の小学校時代を知る女性は「よく一緒に遊んでいた。とても優しいと思っていた。いつもよく笑っていて、私自身がなかなかなじめないときにも仲良くしてくれた」。また容疑者を親子で知る母親は「とにかく(小学生の頃)息子と遊んでいる時は元気で明るい子でした。明るくて元気ですごくお世話になった」と話した。

  • 捜査が進んでいる(写真はイメージ)
    捜査が進んでいる(写真はイメージ)
  • 捜査が進んでいる(写真はイメージ)

谷原章介「『弁護士が来たら話す』...どういう意図が?」

   そんな容疑者に変化が起きたのは中学校の頃だったようだ。中学校の同級生の男性は、番組の取材にこう話した。

「おとなしい。静かな感じで割と孤立して1人でいたような印象。中学校1年生の時はめっちゃ1人でいる感じもなかった。多分、もともと明るい感じの子だと思う。2年生、3年生の時にはすでに1人でぽつんと孤立していた。いじめがあったという認識は、僕自身、一切ないです。いじめられるようなタイプでも、いじめるようなタイプでもない。当たり障りのない、割と普通の同級生。一切暴力的ではなかった」

   近所からの複数の情報によると、容疑者は両親、兄、姉の5人暮らし。容疑者の中学進学と前後して、家族で現在の一軒家に引っ越したというが、ある近隣住民は容疑者の家庭環境について証言する。「お父さんはよく怒っていた。その子を一方的に。だからかわいそうという印象しかない。朝ゴミ捨ての時に家の前を通ると怒鳴っているから。高校生くらいの頃よ。(父親は)5~6年は見かけたことがない」。

   MCの谷原章介「『弁護士が来たら話す』、警察の雑談にも応じない。どういう意図があるのでしょう」

   風間晋(フジテレビ解説委員)「安倍さんの事件の時、山上容疑者が身柄を確保されて最初に伝わってきた発言は『政治的な意図はない』というものだった。一方、こちらの容疑者は語らないというのは、自分が狙っていたことができたのか、できなかったのかというところとも何か関わりがあるのかも知れない」

   橋下徹(弁護士)「僕の経験からすると、黙秘を最初から貫いている容疑者は、犯行についてすごい強い意志がある。犯行をやり抜くという意志がそれほどない容疑者は、雑談とか簡単に応じるんです。総理を狙ったのかどうかはまだ分かりませんが、相当強い気持ちがあるのではないでしょうか」

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中