2024年 4月 18日 (木)

クズ芸人、洞察力の勝利? 「パートナー」選びで見事「成立」のワケ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ギャンブルをこよなく愛し、借金を抱えていることを公言。酒とタバコにまみれただらしない私生活をネタにしては笑いを取る「クズ芸人」たち。「相席スタート」の山添寛、「空気階段」の鈴木もぐら、「ザ・マミィ」の酒井貴士、ピン芸人の岡野陽一が有名どころだが、最近、彼らをテレビで見ない日は無い。山添に至っては、この春、深夜枠とはいえ、テレビ朝日系の2つの新番組でメインを務めるとか。

  • 意外な展開に!?(写真はイメージ)
    意外な展開に!?(写真はイメージ)
  • 意外な展開に!?(写真はイメージ)

「愛すべき」部分

   彼らの魅力は、人間が誰しも持っている自堕落な部分を隠さず話すこと。そもそも人からお金を借りるのは、相手の懐に入り込む技量と器量が必要だ。「しょうがない奴」と思いつつも、どこかに「愛すべき」部分が無い人間にお金を貸そうとは思わないものだ。だから彼らはある意味、非常に人間臭い魅力を持っているともいえる。

   しかし、その魅力は「男」として見た場合にも果たして伝わるものか?昔から「ダメな男」通称「ダメンズ」ばかり好きになってしまう女性は少なからず存在しているし、本当かネタかは判別しかねるが、酒井にはマッチングアプリで知り合った浮気癖のある彼女がいるそうだし、岡野はタワマンに住む金持ちの彼女と同棲中だそう。今年に入って離婚こそしたが、鈴木もぐらは二児の父でもある。

   果たして「クズ」はモテるのか? 答えは4月18日(2023年)放送「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)にあった。この日の企画は「ラブマゲドン」。「もしも地球上にこのメンバーしかいなければ、誰をパートナーに選ぶか?」をフィーリングカップル形式で進行する。毎回、最後に男が1人だけ残るようにキャスティングされている。基本、1巡目に選んだ相手が本命で、ここでカップルが成立すると相思相愛となる。これが2巡目、3巡目となると、「俺(私)のこと、好きみたいだから」「あの人にフラれちゃったから」みたいな邪念や妥協が入り、そんなやりとりも見ものだったりする。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中