2024年 6月 16日 (日)

「らんまん」綾の「ショック」は勘違いかも? 「辛い」の声のなか「確かめた方が...」論も

   NHKの朝ドラ「らんまん」4月26日(2023年)放送回。タキ(松坂慶子)に、いきなり「夫婦になれ」と今日まで姉弟として育った万太郎(神木隆之介)と綾(佐久間由衣)に申し付ける。困惑する2人。そしてそんなことは無理だと、綾は飛び出していってしまう。(ネタバレあり)

   綾が向かったのは峰屋の蔵人である幸吉(笠松将)の家だった。綾は新しい酒を造りたくて、幸吉とずっと一緒にトライアンドエラーを繰り返していたのであろう。よくあることだが、そのうちに綾は幸吉に恋してしまった。

  • 「綾の物語」の今後は?(写真はイメージ、写真:植木勤/アフロ)
    「綾の物語」の今後は?(写真はイメージ、写真:植木勤/アフロ)
  • 「綾の物語」の今後は?(写真はイメージ、写真:植木勤/アフロ)

幸吉のそばに...

   万太郎と夫婦になることなど、到底むりだと思った綾は、幸吉への想いを掴みながら幸吉に会いに行った。幸吉にも自分の想いを掴んでもらえると思ったのだろうね。確かめ合いたかったんだよね。でもそこで見たものは、笑顔で幸吉に寄りそう女性の姿だった。

   恋焦がれている人が、アポなしで相手の家へ訪ねてみると、絵に描いたような家族の「絵」を見てしまったり、恋人同士のように自分とは違う人と歩いている姿を目撃したり、または恋がはじまったと思ったら左手の薬指に指輪をみつけたり、始まろうとする恋が一瞬で遮られる場面は、昔からいろんな形で表現されてきた。歌にもなっている。

   この綾の失恋シーンでは「幸吉推しとしてはつらい展開... あ、綾姉ちゃ~ん」「奥さんらしきもの がいたのなら あのかんざしの返し方はアカンのでは!! 悪い男?」「幸吉にちゃんと確かめた方がいい。もしかしたら姉妹とか、幼なじみとかかもしれないし」などの反響がネットに寄せられていた。

   勝手に恋をして勝手に失恋すると、ジェットコースターのように急降下する気持ちに気づいて、「何やってるんだろう」と水をぶっかけられたようなる。情けなくてどん底気分でいると、美味しいコーヒーや気持ちのいい風、綺麗な海が慰めになったりするものだ。綾の場合は、ユリの花だった。今週のテーマ「ササユリ」がこのピンクの花だ。学問的なことはよくわからないが、とにかく強いしどこにでも根をつけて、立派に毎年咲く。羨ましいほど強くて美しい。

   綾もそんな女性になってほしいと思っていたら、「自由」を獲得すべく演説会へと向かった。そこで何を感じてどんな将来をつかみ取ろうとするのか。綾の物語も今後の展開が気になってきた。

(Y・U)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中