2024年 2月 27日 (火)

銀座強盗も実行犯は「闇バイト」? 玉川徹「粗暴で稚拙」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・銀座のど真ん中で昨日8日(2023年5月)午後6時過ぎ、高級腕時計店に仮面をつけた3人の男が押し入り、時計など100点以上を強奪して逃げた。パトカーが追跡、近くのマンションの敷地などで、4人を逮捕した。あまりに稚拙な犯行に「司令塔が存在する闇バイトでは」との見方が出ている。9日の「モーニングショー」が特集した。

  • 捜査の行方にも注目が集まる(写真はイメージ)
    捜査の行方にも注目が集まる(写真はイメージ)
  • 捜査の行方にも注目が集まる(写真はイメージ)

都内で貴金属店など狙った強盗相次ぐ

   通行人でにぎわう夕暮れの銀座の一角に非常ベルが鳴り、ショーウインドーを割る音が響いた。白い仮面に黒の上下を着た3人の男が、腕時計ロレックスなどをカバン詰めている。通りかかりの女性が開いたままのガラス戸を閉めようとすると「ぶっ殺すぞ」と怒鳴り、店前で待っていた白いワンボックスカーに乗り込んで逃走した。車は赤坂で発見された。

   30分後。銀座から3キロ離れた赤坂のマンション4階のベランダ。「ケガする。ちょっと待って。話をしよう。落ち着け」。手すりに上った茶髪の男を複数の警察官が説得した。男は身柄確保された。この男ら4人を建造物侵入の疑いで逮捕。映像はいずれも視聴者撮影だ。

   撮影者は、「えっ?演技じゃない、と思った」。「アクションでしか見たことない」「落ち着いていた」「2分くらいで終わって出て行った」。警視庁の調べでは、被害総額は確認中だが、腕時計の価格は50万~2200万円だという。奪われた腕時計の行方は「捜査中」だ。

   元警視庁刑事の吉川祐二さんは、「上からの指示で犯行に及んだ可能性がある。闇バイトのようなシステムで集められたのでは。犯罪に手慣れていないグループの可能性高い」。「特殊詐欺のころからと同じ構図だ。トップがいて、指示役がいて、実行犯がいる」

   貴金属店を狙った強盗は最近都内で5件起きている。3月14日午後6時過ぎに渋谷のアクセサリー店に男が入り、8400万円相当を奪った。実行犯・指示役の男2人を逮捕。同24日午後2時過ぎには上野の貴金属店に2人組が侵入、高級腕時計など45点9900万円相当の被害。実行犯2人を逮捕。同じ上野では、4月14日午後7時過ぎにも時計店に男が侵入、高級時計7点を奪い逃走。同29日午後8時過ぎには表参道のアクセサリー店に3人組が侵入。ネックレスなど1000万円相当を奪って逃走。実行犯と転売役の男それぞれ1人が逮捕。今月7日午後6時過ぎに上野で貴金属店に男が侵入、ネックレスなど数十点を奪って逃走中だ。

   吉川氏は、「特殊詐欺から住宅強盗、貴金属強盗へ。同じようなグループがいくつもあり、同じところに結び付く可能性もある」「転売は足が付きやすいが、グループでの犯行だと、転売先を確保している可能性もある」

   コメンテーターの玉川徹は「粗暴で稚拙ですよね。現実に、わずか30分もたたずに捕まっている」。吉川氏「実際にはまだ一人逃げています。その人間が盗んだものを持っていることも十分に考えられます」。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中