2024年 4月 22日 (月)

「どうする家康」松潤・家康の「お手付き」にムムム... お万役・松井玲奈の演技もあって納得(?)の声も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHKの大河ドラマ「どうする家康」5月21日(2023年)放送回。武田信玄(阿部寛)死していよいよ信長(岡田准一)優勢の雰囲気だ。しかし家康(松本潤)は三方ヶ原での信玄との激戦で多くの犠牲を払い、一緒に戦ってき忠臣らを失ったショックから立ち直れないでいた。松潤家康の心はズタズタ、ボロボロというところであろう。(ネタバレあり)

  • NHKの「どうする家康」番組サイトより
    NHKの「どうする家康」番組サイトより
  • NHKの「どうする家康」番組サイトより

「信長が敵を蹴散らしてる間に...」

   その心にするするっと入り込んだのがお万(松井玲奈)。瀬名(築山殿、有村架純)のもとで女中として働いていたようで、浜松城で入浴中の「殿様」の御髪をすくという大役を担うとは考えにくいが、どんな人事があったのだろうか。

   松潤家康との浴室シーンでは、2人とも濡髪で家康の心も体もお万に溶け込んでいく。湯気の中で家康にせまるお万。女性ホルモンが噴出して匂いたつようである。本来ならば理性で抑えられたはずが、侍女に心を奪われた家康。時と場所を考えてもすべて許してしまうのは無理もない。それに妖艶な湯けむりのなかで、ロン毛の松潤もムンムンの松井玲奈さんも美しいのである。ネットでは「しっとりと松井玲奈ちゃんに迫られたら、おなごに弱い殿は落ちますか」「湿度100%の色香を漂わせる演出がはまりすぎ」「お万が武田の息がかかっていたら、どーすんの」などの反応が寄せられた。

   お万が側室となるまえに手付となり、これぞ不倫である。それにお万に子が宿り、家康はさらに無計画だ。家康の告白で、家臣らが 「信長が敵を蹴散らしてる間に何をやっとるか」と怒っていたが、家臣たちだって、激戦で失った戦力のこととか、戦況を追いつつ今後の戦略会議など、あれこれ忙しく仕事している間の出来事となれば怒る気持ちもわかりますわな。

   それにしても、信玄との激戦の惨状に対して苦しみ悩んでいる哀れな家康が、お万の一件で表現されたとなれば、ちょっと美しすぎる気がする。もっと心かき乱されている家康が見たかった。瀬名の怒りにもつながって浜松城からお万を追い出したところまで、綺麗にまとまったストーリーになって面白かったのだが。

(Y・U)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中