2024年 6月 18日 (火)

母は、父はなぜ私を捨てた?その答えを探す旅に出た2人が見つけた真実―映画「ノエルの日記」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   今週は、Netflix配信の2022年アメリカ映画「ノエルの日記」を紹介します。ちょっとミステリアスなラブロマンスです。

   ベストセラー作家ジェイク・ターナー(ジャスティン・ハートリー)は、18歳で家を出てから疎遠になっている母の死を知らされ、遺産相続の手続きや、独居生活をしていた母の家の整理をするために、クリスマスに帰省します。

   家の掃除を進めていく過程で、母の私物がしまわれた箱の中に「ノエルの日記」を見つけます。そこへ訪ねてきたのは、以前、街灯の下に立ち、母の家の様子を窺っていた女性、レイチェル・キャンベル(バレット・ドス)でした。

  • Netflixサイトより
    Netflixサイトより
  • Netflixサイトより

クリスマスシーズン、ジェイクとレイチェルは家族と向き合う旅へ

   彼女は「生みの母を捜している」と言い、母が昔、ジェイク(ジャスティン・ハートリー)の家に住み、子守として働いていたことを明かし、彼に生みの母探しに協力してもらえないかと、頼みます。

   彼女の母が働いていたのは、彼が4歳だった頃で、記憶がほとんどないので、隣人の女性に聞くと、彼の父親ならわかるのではと言います。

   しかし、父は兄の死をきっかけに、母とうまくいかなくなり、1人で家を出たので、ジェイク(ジャスティン・ハートリー)は父に捨てられた気持ちでいました。父の住む場所へ向かい、生みの母の居所を、何とか突き止めた2人は、母の所へと向かいます。その途中で、「ノエルの日記」を偶然読んだ彼女は、母のノエル(エッセンス・アトキンス)が、書き残したものだと悟ります。

   彼の方も、父の家を訪れたことで、長年の鬱屈した思いを解決します。道中、泊まったホテルで「今日が、私の誕生日」と明かした彼女と、それを祝う彼との心は通じあっていました。しかし、翌朝、彼女の姿はありませんでした。

   置手紙があり、そこには「人生の転機となる旅に付き合ってくれた、あなたを忘れない」、さらに「婚約者を裏切ることはできないし、ベストセラー作家である彼とは住む世界が違う......」、そんな思いが綴られていました。

   母の実家に戻って、実家を後にしようとする彼の目に入ったのは、初めてその姿を見たときと同じように、街灯の下に立つ彼女でした。

   2人の旅は、まさにクリスマスの時期。アメリカ各地のクリスマスの様子が映し出されるロードムービーとしても、とても綺麗に描かれている作品です。

   人生の悩みに、正面から立ち向かっていく2人の姿に、少なからずの共感を覚えました。心が温かくなる映画です。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中