2024年 6月 19日 (水)

「耳を疑います」谷原章介も慄然!子供に食事与えず入院給付570万円詐取の母親...何に使った?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   8歳の娘に十分な食事を与えず入退院を繰り返させ、共済金をだまし取った詐欺の疑いで母親が逮捕された。「ちょっと耳を疑う事件です」と、19日(2023年7月)の『めざまし8』司会の谷原章介が憤然とした面持ちで取り上げた。

   大阪府大東市のパート従業員・縄田佳純容疑者(34)は今年1月、娘を低血糖症で入院させ、共済金6万円を詐取したとされる。縄田は5年前から娘を39回も入退院させ、受けとった共済金や保険金は570万円にのぼるという。2018年春以降43回入院させたと報じた新聞もある。

  • 給食ぐらいしか……
    給食ぐらいしか……
  • 給食ぐらいしか……

エステや外食など浪費癖

   今年2月に病院から子ども家庭センターに「食事制限では」と通報があり、センターが警察に連絡した。縄田は容疑を否認しているが、娘は警察に「小学校2年生のころからママに変な薬を飲まされ気持ちが悪く、ゲーする」と話したとの情報もある。警察は、縄田にエステや外食の浪費癖があったと見ているという。

   谷原「子どもの命を自のために使ったとしたら許せません。僕自身、子供を持つ親として信じられません」

   岩田明子(元NHK解説委員)「胸がしめつけられる思いがしました。周囲は、共済組合なんかは、どうして気づかなかったのか。これから周囲のことも検証したほうがいい」

   デービッド・アトキンソン(実業家)「学校も気づいていない。病院も。社会としてチェック制度ができていないことが、よくわからないですね」

   子供が通っていた小学校は、生徒の異常に気付いていたはずだが。

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中