2024年 5月 19日 (日)

大谷、波乱含み 脇腹・両足痙攣で2試合連続の途中交代のわけ(ZIP!)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   エンゼルスの大谷翔平選手(29)は、先週末に「メジャー初の完封勝利」に加え、「3打席連続本塁打」を放つなど大活躍だったが、一方で、脇腹などのケイレンで「2試合連続途中交代」となるなど、波乱含みだった。31日(2023年7月)の「ZIP!」が伝えた。

  • 大谷翔平選手
    大谷翔平選手
  • 大谷翔平選手

ネビン監督「大丈夫。彼はアイアンマン」

   ア・リーグのワイルドカード争いは昨日(日本時間30日)現在、トップのレイズを3ゲーム差で、アストロズ、ブルージェイズが追い、この3チームがプレーオフ出場圏内にある。これに続いて4位レッド・ソックスが2.5ゲーム差、5位ヤンキースが3.5ゲーム差、そして6位のエンゼルスは5ゲーム差となっている。

   31日未明(日本時間)のブルージェイズ戦は、「圏内」に迫るためにも、負けられない戦いだった。第2打席にレフト前に流し打ちで、4試合連続安打となった。その後は2回も「申告敬遠」で勝負してもらえなかった。申告敬遠はメジャー最多タイの12個目。それでも、エンゼルスは延長10回に勝ち越し本塁打で、3-2と連敗はストップした。

   先週末の大谷は大活躍の一方で、身体が悲鳴を上げた。

   金曜日28日のダブルヘッダーのタイガース戦第1試合では、メジャー6年目で初めての完封勝利。その45分後に開始された第2試合では、左翼スタンドに3試合ぶりの37号ホームラン。続いて中堅右に38号の連続ホームランを放った。

   張り切りすぎ(?)がたたったのか、本塁打のスイング直後に大谷は、バットを置きながら、痛そうに左わき腹に手をやった。「左わき腹けいれん」で途中交代。

   今シーズンの大谷の欠場はわずか2試合だ。一昨日29日のブルージェイズ戦では、周囲の心配をよそに、「2番・指名打者」でスタメン出場した。その第1打席でいきなり、右翼席へ、試合をまたいだ「3打席連続」の39号ホームランを放り込んだ。

   しかし、今度は「両ふくらはぎのけいれん」で、2日連続の途中交代となった。

   昨日30日の試合前、ネビン監督(52)は、大谷の体調について、「メディカルスタッフに診てもらったし。大谷本人も大丈夫だと言っていた」「彼はアイアンマン(鉄人)だ」

   大谷は、ブルージェイズ戦にフル出場したが、チームは1-6で敗れた。この試合で、3番のウォード選手が、顔面に死球を受け、血を流して退場した。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中