「後ろから弾が飛んできた」 舛添要一氏当選しても笑顔なし 自民比例

印刷

   比例区から立候補した舛添要一さん=自民党公認=が当選確実となり、テレビ朝日のインタビューに応じた。古舘伊知郎キャスターから「当選、おめでとうございます」と声をかけられて、「はい、ありがとうございます」と答えたものの、笑顔ではなかった。自分自身は早々と当選を決めたものの、自民党は大敗が確実な情勢だからだ。

   今回の自民党の敗因について、舛添さんは渋い表情で次のように淡々と語った。

「年金問題も大きかったと思いますが、街頭演説などできちんと説明すれば分かってもらえました。政策の面ではしっかりしていたんですが、政策説明の前までいかなかった。相次いで閣僚の問題発言があったり、不祥事があったり、これじゃ戦えませんね。前から飛んでくる敵の弾じゃなく、後ろからやられているわけですからね。この内閣全体の構造的な特質に対する国民の不信感が非常に大きかった。むしろこれが大きかったではないかと思っています」

   このように赤城農水相の事務所費疑惑や久間前防衛相、麻生外相の問題発言が大きなダメージにつながったとの見方を示した。その表情は疲れきった様子で、当選の喜びはほとんど感じられないものだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中