「書くように消す」消しゴム トンボ鉛筆

印刷
本体デザインは3種類 トンボ鉛筆「MONO ZERO」
本体デザインは3種類 トンボ鉛筆「MONO ZERO」

トンボ鉛筆は、現在出回っている消しゴムとしては最も細い、ノック式ホルダー消しゴム「MONO ZERO」を2007年11月12日に売り出した。シャープペンシルや鉛筆にほぼ等しい、太さ8.5ミリ・長さ120ミリという本体サイズに加え、先端をスリムに設計したことにより消したい箇所がよく見え、書くような感覚で消すことを可能にしたという。消しゴムは直径2ミリの丸型、厚さ2.5ミリ×幅5ミリの角型の2種類。メーカー希望小売価格は丸型・角型共に本体が367円、替え芯が157円(2本入り)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中