カラオケ1番人気は絢香「三日月」、SMAPは圏外へ

印刷

通信カラオケ業界の最大手、第一興商は2007年12月7日、07年の「年間カラオケリクエストランキング」を発表した。それによると、楽曲別の1位は絢香(あやか)さんの「三日月」。アーティスト別1位は倖田來未さんだった。倖田さんは2年連続の首位。
楽曲別ランキングの2位は湘南乃風の「純恋歌」、3位はコブクロの「桜」だった。また秋川雅史さんの「千の風になって」が6位にランクインした。1~3位はいずれも05~06年にリリースされた楽曲で、第一興商では「カラオケファンに愛され、歌われ続ける曲といえる」と分析している。
一方、アーティスト別では、倖田さんに続いて、浜崎あゆみさんが2年連続の2位。そのほか、EXILE(3位)、コブクロ(4位)という若者に人気のアーティストにまじって、北島三郎さん(7位)や美空ひばりさん(11位)、石原裕次郎さん(17位)が上位に入った。また06年は14位だったSMAPが21位以下に落ちた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中