オンラインゲーム市場、2012年に4580億円規模に 野村総研調べ

印刷

野村総合研究所は2007年12月19日、国内ITの市場規模予測を発表した。それによると、ネットビジネス市場は、パソコン向けよりも携帯電話向けの割合を高めつつあり、全体として順調に拡大することが期待できるという。なかでも最も大きな割合を占めるのは、BtoC EC(消費者向け電子商取引)の市場で、2012年度には10兆円を超える見込みと予測。携帯電話向けECは2007年度の14%から2012年度末には全体の2割となり、金額規模で2兆円を突破するとしている。さらに、オンラインゲーム(「セカンドライフ」などコミュニティは除外)の市場については、07年度の1850億円から12年度には4580億円規模に成長すると予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中