細木数子「私は降ろされた」? TBSにズバリ言ったわよ

印刷

   初場所で優勝を逃した横綱・朝青龍が、「サッカー問題」の謹慎後、占い師の細木数子さんが出演するTBS系番組「ズバリ言うわよ!」(2008年1月29日放送)で初めてテレビ出演を果たした。TBSの取材班とともに細木さんがモンゴルに朝青龍を訪ねたこともあり、謹慎中に朝青龍がどの様な発言をしていたかが注目されていた。しかし、細木さんは朝青龍問題に絡んでTBSへの「恨み節」ともとれる発言を繰り返したのだ。

   朝青龍をめぐっては、夏巡業中にモンゴルでサッカーに興じていたとして、日本相撲協会が、2場所出場停止と九州場所千秋楽の2007年11月25日までの謹慎処分を下していた。その後、精神的ショックによる「解離性障害」と診断され、07年8月29日から、療養するとしてモンゴルに滞在した。

   そんななか、細木数子さんとのTBSのテレビクルーが2007年10月3日、4日にモンゴルに行っていたことが発覚。日本相撲協会の許可を得ず、「極秘」で朝青龍にインタビューしていた、という報道も飛び出していた。TBS側は「後々に放送する予定のドキュメンタリーの取材」「撮影隊が行っていますので、細木さんと朝青龍の会話など撮っているはず」などと話していた。謹慎中、モンゴルにいた朝青龍に対してどのような取材が行われたかに注目が集まっていたが、2008年1月29日に放送された「ズバリ言うわよ!」のなかで、その時の映像は放送されなかった。

    この日放送された同番組のなかで、細木さんは冒頭から「おかんむり」の様子。朝青龍に初場所の千秋楽で横綱・白鵬に負けたことについて質問が飛んだにもかかわらず、細木さんは「勝負を捨てて相撲に勝ったんです!」「(負けは白鵬への)エールですよ」と主張。

VTRが、TBS側の事情で放映されないことへの不満

「その事実を証明してあげられるブイ(VTR)を、TBSの内部事情で放映させないんですよ。だから私は怒ってるんですよ!(朝青龍が)どれだけのことをしたのか」

    と、モンゴルでのトレーニングの様子を収めたVTRが、TBS側の事情で放映されないことへの不満を漏らした。その後も「そのブイを彼(朝青龍)はくれたのよ。先生良かったら見て、使ってって」と細木さんは述べており、VTRが公開されないことに相当怒り心頭だったことが伺われる。

   2008年1月15日の放送で、正式に細木さんの降板が明らかにされたが、今回の放送でも、それに関する発言が細木さんの口から飛び出した。それは、「朝青龍と高砂親方の不仲説」を朝青龍が「仲いいんですよ」と全面否定したときだった。
   細木さんは「親方も、今日も出演していいって言ったんでしょ?」と聞き、朝青龍が頷く。そこで、細木さんは「色々局(TBS)との入れ違いがあって、彼、勘違いされちゃって」と説明した。
   ここで、朝青龍がアナウンサーに「暗いですね?」と指摘。アナウンサーは「また降りるんだよって(細木さんに)言われたら、またすいませんって言うしかない…」ととっさに反応。
   細木さんは、

「『降りる』ってことば、気に入らなきゃ、(細木さんが)『降ろされる』」

    と「自分は降板させられた」ともとれる驚きの発言をした。これには、アナウンサーも「いやいやいや、そんなこと言うはずないじゃないですか。ドキドキしちゃうな」と動揺していた。冗談なのか本気なのかはよく分からないが、細木さんがTBSに対して不満をにじませる放送内容だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中