毒ギョーザ製造元 牛肉に金属粉混入の経歴も判明

印刷

   ギョーザ中毒事件を起こした中国・河北省の「天洋食品」から輸入した牛肉に2007年11月上旬、微量の金属粉混入が見つかっていたことが、08年1月31日分かった。輸入元だった静岡市の食品総合商社「東海澱粉」が明らかにした。
   混入していた金属粉は鉄とクロム、アルミの合金。納入を受けた三重県桑名市の食品メーカーが、牛肉をレトルト食品に加工するに当たって磁石検査で見つけたという。東海澱粉の社員が天洋食品に出向いて調査したところ、工場で使われているひしゃくと金属粉の成分比率が同じであることが分かった。同社は、混入が判明してから天洋食品の牛肉輸入を取り止めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中