米ヤフー株、MSの買収提案で急騰

印刷

   米マイクロソフトから買収提案を受けた米ヤフーの株価は2008年2月1日(現地時間)、終値が前日比48%高の28.38ドルと急騰した。1月31日の終値は19.18ドルだったが、マイクロソフトがそれより62%高い31ドルでの株買い取りを表明したため、株価が一気に上昇した。

マイクロソフトとグーグルの株価は下落

米Yahoo!のホームページには「ヤフー取締役会はマイクロソフトからの提案を検討する」との声明が掲載された
米Yahoo!のホームページには「ヤフー取締役会はマイクロソフトからの提案を検討する」との声明が掲載された

   一方、マイクロソフトの株価は、終値が30.45ドルと前日比6.6%の下落。ヤフーに提示している買収価格は総額446億ドル(約4兆7000億円)で、もし買収が実現すれば巨額の資金が必要となり、業績の低下を招きかねないことが影響したとみられる。

   また、ヤフーのライバルのグーグルの株価も下落。終値は、前日比8.6%安の515.90ドルとなった。マイクロソフトとヤフーの連合が実現すると、グーグルにとって大きな脅威になると市場は判断したようだ。

   マイクロソフトからの買収提案について、ヤフーは2月1日、

「マイクロソフトから一方的な買収提案を受けた。この提案について、取締役会は経営戦略に照らして慎重かつ迅速に検討し、株主の価値が最大になるように最善の行動をとる」

という声明を発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中