鳩山法相、鹿児島選挙違反事件「冤罪と呼ぶべきでない」と発言

印刷

   鳩山邦夫法相は2008年2月13日、法務省で開かれた検察長官会同で、被告12人全員の無罪が確定した鹿児島県議選の選挙違反事件「志布志事件」について、「冤罪と呼ぶべきではない」と発言した。
   この事件は、元県議らが有権者を買収したなどとして公選法違反で逮捕・起訴されたもの。鹿児島県警の「踏み字」などの違法な取り調べが問題とされ、検察側が控訴を断念している。鳩山法相は会同後、「無罪事件にまで冤罪と呼ぶと、無罪は全部冤罪になってしまう」などと述べている。この発言を受けて、野党からは「法相として不適任」といった批判の声が上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中