中国製肉まんからメタミドホス検出 天洋食品以外で初

印刷

   広島県は2008年2月19日、中国山東省の山東仁木食品が製造した冷凍食品「青島ニラ肉焼まん」から有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたと発表した。天洋食品以外の中国製冷凍食品から「メタミドホス」が検出されたのは初めて。
   2008年2月12日に健康被害の相談があり、県立総合技術研究所保健環境センターの検査で、食べ残しから0.64ppm、同一賞味期限の未開封品から0.55ppmの「メタミドホス」が検出された。大阪市の輸入業者ニッキーフーズが輸入販売したもので、いずれも賞味期限は2008年2月2日。同県は、健康被害については有機リン系中毒といえず、今回の検出量は直ちに健康被害を生じるものではない、としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中