ブログ批判された志村けん 「芸で笑い取りたい」

印刷

   コメディアンの志村けんさんが2008年4月15日に更新したブログで、「ブログはつまらない」と批判があったことついてコメントしている。批判とは、読者からのこんな指摘がきっかけだ。

「カンニング竹山さんが志村けんさんのブログはつまらないとラジオで言ってました」

   志村さんはこれを気にして、「本業は舞台かテレビで ブライベートを話して笑いを取りたくない 芸で取りたいですから」と、その胸のうちを明かす。「こちらは喜劇人 コメディアン目指してますから」とも。

   だが、この記事のコメント欄で、

「カンニング竹山さんのラジオ聞いてましたが志村さんのブログをつまらないとは言ってませんよ」
「自分が聞いていたかぎりけして志村けんさんのブログが面白くないとかそんな感じではなかったのでお気を悪くなさらないで下さい」
「本人の意見として志村さんのブログの事は言ってないと思いますよ」

とのコメントが相ついだ。どうやら言葉のニュアンスの違いが志村さんに伝わってしまったようなのだ。

   とはいうものの、「kenさんの人柄に惚れてここへはきてます」「けんさんの何気ない、あったかい日記が好きです」「ブログ、大好きですよ」と、賞賛する声が多い。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中