毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信

印刷

   「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。

幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピール??

「Mainichi Daily News」のなかにある「WaiWai」
「Mainichi Daily News」のなかにある「WaiWai」
「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」

   毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。

   例えば、07年9月に配信したニュースにはこんなものがある。

   「コックと野獣、ふしだらさとそれを愛する者」と題された記事では、東京・六本木に富裕層向けのレストランが登場したことを紹介。Mなる人物が「実話ナックルズ」という雑誌に語ったというその内容を参考にしているようなのだが、このレストランで、弁護士がメスの豚を獣姦し、のちにそれと同じメス豚が料理としてその後出てきた、という、おぞましい内容になっている。

   さらに、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、

「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」

と紹介。そもそも「サイゾー」にこんな内容の記事が掲載されたとも思えない。

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
164
a 2009/12/21 14:13

毎日の、捏造ネガキャン記事の海外発信への情熱は凄いものがあるよ
週刊誌の捏造記事と分からない形で発信し続けてる
WaiWaiも掲載はやめたけど、講談社が英語で本を作って今でも世界中で売り続けてる

他の新聞社や他国の大手メディアで、こんな低俗な記事を高頻度でタレ流してる所は無いよ
日本のメディアのモラルと愛国心の無さ(てか反日思想)は異常

163
佐方 2009/9/18 23:10

私は中学3年で書いてある
ことが私には難しかったで
すが私でもこれは酷いと感
じコメントさせていただい
きます……………………。

毎日新聞、ってこんなこと
平気で書いてるんですね…
今日初めてこちらのサイト
を見て知りました………。
すごく悲しい気持ちとなん
ともいえない気持ちが込み
上げてきました。そして…
自分の無知さにすごく痛感
しました。これからは……
色々、毎日新聞のことにつ
いて調べていこうと思いま
した。長々と失礼しました
言葉の誤りがあったら……
すみません。

162
イオン 2008/10/30 10:17

勿論、デタラメな記事は許されませんが、誤解を恐れずに言うなら、日本の女子高生の破廉恥ぶりを報道したかった気持ちだけは唯一分かります。十代半ばの女子生徒が金髪、厚化粧、ミニスカートで、携帯いじくりながら大股開いてハンバーガー喰らってる姿は、まあキリスト教圏の白人男性が初めて見たらビックリするでしょうね。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

36年後の続報、自殺した試験管ベイビー第2号医学者の遅すぎる名誉回復

木下先生と取り組む、自分快適化

「健診健診って、ありゃ医者の営業」と思っていません?コレ読んでみて。

ミニッツシンキング

J-CASTニュース9周年を記念した、ワンクリック投票企画。ぜひご参加ください!

シミが気になるこの季節、そのシミは食事が原因かもしれません

男性