加藤紘一氏「拉致問題」発言をHPで釈明

印刷

   自民党の加藤紘一元幹事長は、BS放送の番組で拉致被害者を北朝鮮に戻すべきだったなどと発言し、家族会などから抗議されたことを受け、自身のホームページで釈明した。

   加藤氏は2008年7月7日夜に日本BS放送の番組に出演し、司会で漫才師の西川のりおさんらと対談。そこで、北朝鮮の拉致問題がテーマになり、西川さんから、被害者を戻した方がよかったかどうかを確認され、加藤氏は、「当然です。国家と国家の約束ですから」と述べていた。

   加藤氏は7月9日付のHPで、「(加藤氏発言の報道で)多くの皆さんが違和感を抱いたり、怒りを感じたり、悲しんだりしておられるようです」と述べたうえで、「約束を守るべきだった」と述べた真意は、「拉致という犯罪を犯した北朝鮮から、『日本は約束を守らなかった』などといわれてはならない」「当時北朝鮮はアメリカの攻撃を恐れていたから、一気呵成に交渉を進めて、拉致問題の全面解決を図るべきだった」ということだったなどと釈明した。HPでは、この番組での発言を掲載している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中