JASRAC、動画投稿サイト「TVブレイク」を提訴

印刷

   日本音楽著作権協会(JASRAC)は2008年8月6日、動画投稿サイト「TVブレイク」を運営するパンドラTV(08年8月1日付でジャストオンラインに社名変更)が著作権を侵害したとして、東京地方裁判所に提訴した。損害金1億2800万円の支払いと、JASRACの管理著作物の利用禁止を求めたもの。JASRACが動画投稿サイトを提訴するのは初めて。

   JASRACは07年6月、権利侵害動画の配信停止と投稿を防止する対策を取るようパンドラTVに要請。しかし、パンドラTVはサイト上で発生する著作権侵害について責任を負わないと主張し、要請を拒否した。

   JASRACによると、08年4月時点で少なくとも2万613件の著作権侵害が確認され、その分だけでも合計381万2198回にわたって視聴されていることがわかった。1曲1回の使用量に基づき算定すると、損害額は1億2800万円を超えるという。また、今後も継続されれば、1カ月あたり944万円の損害が生じる、としている。

   JASRACの広報担当者は、「著作権侵害にあたる動画投稿サイトは他に20件確認している。協議中の段階だ」と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中