看護師・釈由美子ダウン 頭の先から冷たくなって

印刷

   10月から始まるドラマ「チームバチスタの栄光」で看護師役を演じる女優の釈由美子さんは、勉強のために心臓手術を見学したと、2008年8月31日のブログに書いている。

   以前にも看護師役をやったことがあるというが、今回は、手術シーンもあるので専門用語なども勉強しなくてはいけない。そこで先日、スタッフや他の出演者と共に、「バチスタ手術(左室縮小形成術)」を見学することになった。

「生の手術を間近で見るのはもちろん、生まれて初めてで
リアルな現場は当たり前ですが緊張感があり、空気が違いましたっ!」

   心臓がドクドクと動いているのを目の当たりにして、「生きている」ということの尊さに何も言葉が出てこなかった。ところが、感慨深かったのもつかの間で、頭の先から冷たくなっていって、顔が真っ青になり、気分が悪くなって退出せざるをえなくなった。

「勉強で見学させていただいてるのに
情けないっす」

   気は確かだったのに、なぜダウンしてしまったのかわからず、悔しさが残ったようだ。ともあれ、ドラマでは精一杯、演じることで、「今の医療問題や医療の現場を観てくださる方に より、深く感じてもらえるように頑張りたい」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中