操作性の気持ちよさプラス音楽 iPhoneゲーム端末としての可能性

印刷

   アップル社製の携帯電話「iPhone(アイフォーン)」向けアプリケーションソフト(アプリ)が全世界で1億本以上ダウンロードされ、「iPhone」のゲーム端末市場が開花しつつある。国内ゲームソフトメーカーもアプリケーション開発に続々と参入している。ゲーム端末としての「iPhone」の魅力は何なのか。

アプリのダウンロード数1億本を超える

ハドソンが発売した「BOMBERMAN TOUCH」はApp Storeで人気アプリに
ハドソンが発売した「BOMBERMAN TOUCH」はApp Storeで人気アプリに

   アップル社は2008年9月9日、同社のアプリケーションダウンロードサイト「App Store(アップ・ストア)」から「iPhone」「iPod touch」向けアプリのダウンロード数が1億本を超えた、と発表した。「App Store」のアプリケーションには、ゲームのほか、ニュース、電子書籍など様々な種類があり、米国ではバラク・オバマ候補陣営がアプリを早々に開発して、キャンペーンに利用している。

   「iPhone」では、「App Store」にワイヤレスでアクセスし、アプリを直接ダウンロードして、その場で使い始めることができる。また、アプリには無料と有料があり、有料のものには、ユーザの「iTunes(アイチューンズ)」アカウントに課金される仕組みだ。

   「iPhone」は、大型画面に画面接触に複数点で反応するタッチパネルを備えたうえ、端末機器の動きに反応する加速度センサーも備えている。これまでの携帯電話にはなかった機能を備えている点から、ゲーム端末としての可能性に注目が集まっているのだ。

   ゲームソフト大手のハドソンは、「iPhone 3G」の発売された08年7月11日に「BOMBERMAN TOUCH -The Legend of Mystic Bomb-(ボンバーマンタッチ ザ レジェンド オブ ミスティックボム)」、「AQUA FOREST Powered by OctaveEngineTM Casual(アクア フォレスト)」、「SUDOKU(数独)」の3タイトルを同時に「App Store」で発売。これまでに合計9タイトルを販売している。このうち、タッチパネルでボンバーマンの操作性を向上させた「ボンバーマンタッチ」は、発売から2週間以上にわたって国内の有料アプリダウンロードランキングで1位になるヒット作となった。

   ハドソンによれば、同社は海外の携帯電話向けゲーム市場に参入したが撤退したという苦い過去があったが、「iPhone」向けのアプリ販売を「グローバル市場に参入するチャンス」と捉えているという。同社広報担当者は、

「今までの携帯電話だと機種が多種多様で、コンテンツを作り変える必要があったが、iPhoneでは今のところそれがない。そのうえ、タッチパネルに加え加速度センサーを備えていることから、面白いコンテンツを作ったり、新しい遊び方を生み出せるなど、いろんなことにチャレンジできる端末だと考えている」

と話す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中