「辛く、悲しい、ヒドイコメント」 くまきりあさ美ブログ閉鎖の真相告白

印刷

   「がけっぷちアイドル」として知られるタレント、くまきりあさ美さん(28)が、ブログを突然閉鎖して注目を集めたのが2008年4月。閉鎖時には「いろんな事 頑張っても意味ない時ってあるんですね」などと、投げやりとも取れるコメントを残していたくまきりさんだが、およそ半年後に放送されたバラエティー番組で、その真相を涙ながらに告白した。

「管理者がいない」ことの意味が分かった

   くまきりさんはブログに08年4月19日、

「本当は続けたいけど あさみのブログは 管理してくれる人が最近いないし 今日でブログはやめます。。」

と書き、ブログ閉鎖を宣言するも、翌4月20日には一転、「暖かいコメントうれしいです(/_・、)ブログまたやりたいです」と書き、ブログを続ける意思を表明した。その一方で、

「ひどいですよね 疲れました。そんな扱いに…ブログだけじゃなくいろんな事 頑張っても意味ない時ってあるんですね」

と、何らかの「続けたくても続けられない理由」があることを示唆しながら、ブログは4月22日、所属事務所からのコメントともに閉鎖された。

   この突然の「閉鎖劇」は注目を集めたが、閉鎖の理由は明らかにならない状態が続いていた。

   そんな中、「閉鎖劇」からおよそ半年が経って、くまきりさんが、その真相をバラエティー番組の中で告白した。くまきりさんが出演したのは、08年10月9日深夜にTBS系で放送された「客観偏差値バトル08 芸能人は己を客観視することが出来るのか!?」。女性芸能人同士が一定のテーマに沿ってトークを展開し、観客からの「支持率」を競う番組で、くまきりさんの対戦相手は、お笑い芸人・にしおかすみこさん(33)。

   にしおかさんが

「あさみちゃん、最近ブログを閉じたんですよ。閉じた理由が『管理者がいない』ってことなんですよ」

と切り出すと、くまきりさんが

「普通、コメントとかって、良くないのがあったら消してくれるじゃないですか?なのに、すごいヒドイのが、ずっと残ってる」

と、「管理者がいない」ことの意味を説明。

「私、今の涙を見て、負けてもいいと思いました」

   ここまではスタジオも穏やかな雰囲気で、司会の今田耕司さん(42)も

「何ヶ月たっても(コメントが)残ってんのや。イヤやな、それ!」

と、話を続けようとした。ところが、直後にくまきりさんの表情が一変。涙ながらに

「それ、すごい辛くって、悲しくなってきて…」

と訴えた。スタジオから「何書かれてたん?」という声が飛ぶと、

「情けなくなってきて…、色々書かれてたんだけど、『中学校の時に、くまきりさんと●●ました』みたいな…」

と、書き込みの内容を明かした。発言の音声は加工され、テロップも伏字入りだったが、何らかの性的な文脈で、くまきりさんの名誉を傷つけるような内容だったとみられる。

   このコーナーのテーマは、「くまきりさんとにしおかさん、どちらが客観的に見て芸能界で長生きしそうか」というものだったのだが、にしおかさんも

「私、今の涙を見て、負けてもいいと思いました」

と「降参宣言」。スタジオでも多くの観客が、くまきりさんを支持していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中