「タブロイド東京」を出荷停止 著作権侵害

印刷

   講談社インターナショナルは、書籍「タブロイド東京」「タブロイド東京2」に著作権侵害があったため、両書の出荷を停止したと08年10月15日に発表し謝罪した。この書籍は、「弁護士が六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」などの記事を配信し騒動になった毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」内の「WaiWai」コーナーで記事を執筆していた外国人記者や、日本人スタッフと思われる担当者らの共著。「日本の乱れた週刊誌からのセックス、犯罪、奇妙な101のお話」など、週刊誌の記事を紹介する内容になっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中