Google、ユーザーの「関心」に合わせて広告配信へ

印刷

   米Googleは、2009年3月11日(米国時間)、オンライン上でのユーザーの行動習慣に合わせた広告配信のベータ・テストを開始した。ユーザーが訪問したウェブ・サイトやアクセスした情報などから「ユーザーの関心事」を特定、関連する商品やサービスの広告を掲載する「行動ターゲティング広告」となる。少数の広告主に限定してテストし、09年後半に対象を拡大する見通し。

   これまでの広告配信プログラム「Google AdSense」では、ユーザーが閲覧しているページ自体に関連性のある広告を掲載するものだったが、新サービスではユーザーの行動履歴をもとに、そのユーザーが関心を持つと思われる「カテゴリー」を作成し、カテゴリーに関連する商品やサービスの広告を閲覧しているページに表示する、というものだ。

   ただし、プライバシーの侵害も懸念されていることから、同社は「関心事」とされたカテゴリーをユーザーが確認、削除可能なものにし、またcookieを無効にすることで広告を遮断可能なものにするなど、プライバシー保護の取り組みも進めるとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中