8健保組合、「財政悪化」で解散 加入者は約6万人

印刷

   厚生労働省は8つの健保組合が2009年4月1日付で解散する、と3月27日に発表した。高齢者医療への拠出金負担が重くなり、組合財政が悪化したことが原因。加入者は併せて約6万人。映画「フラガール」の舞台になった「スパリゾートハワイアンズ」を運営する常磐興産の健康保険組合も含まれている。大半は中小企業の社員が加入する全国健康保険協会に移行する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中