最もカロリーを消費する曲はMisia「Everything」

印刷

   第一興商は2009年3月31日、カラオケ楽曲の消費カロリー標準値調査の結果を発表した。調査対象は、2008年の年間カラオケリクエストランキングの上位100曲。その中で、最も消費カロリー値が高い楽曲は、Misia「Everything」(21.7Kcal)だった。

   バラード曲の「Everything」はスローテンポだが、感情を込めて力強く歌うため、消費カロリー値は高い傾向にあるようだ。また、同社によるとカロリーの消費を高くするポイントは、(1)アップテンポで激しい曲、感情を込めて力強く歌うバラード曲(2)歌唱時間(発声時間)が長い曲(3)大きい声で歌い、歌唱中は、お腹に力を入れた腹式発声を意識する、ことという。

   なお、「カロリーカラオケ」消費カロリー標準値ランキングベスト20は次の通り。

(1)Misia「Everything」
(2)湘南乃風「睡蓮花」
(3)湘南乃風「純恋歌」
(4)清水翔太「HOME」
(5)コブクロ「桜」
(5)DREAMS COME TRUE「未来予想図II」
(7)Mr.Children「しるし」
(8)コブクロ「蕾」
(8)コブクロ「ここにしか咲かない花」
(10)藤谷美和子・大内義昭「愛が生まれた日」
(11)HY「NAO」
(11)ケツメイシ「さくら」
(13)青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」
(14)サザンオールスターズ「TSUNAMI」
(15)EXILE「時の描片~トキノカケラ~」
(16)コブクロ「永遠にともに」
(17)シャ乱Q「シングルベッド」
(18)中島美嘉「雪の華」
(19)倖田來未「Moon Crying」
(19)DREAMS COME TRUE「ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中