国内初「がんワクチン外来」開設 2時間で1700人が殺到

印刷

   死亡率の高い「がん」の新しい治療法として、「がんワクチン」が注目されている。久留米大学医学部(福岡県久留米市)が2009年4月1日に国内初の「がんワクチン外来」を開設したところ、2時間で1700人が申し込むという異常事態が起こった。まだ臨床試験段階で安全性や効果について確証はなく、治療費も高額だ。にもかかわらず、期待を寄せる患者は多いようだ。

次回の受け付けは数か月後を予定

   久留米大学医学部が4月1日に開設した国内初の「がんワクチン外来」が、同日から資料請求の受付を開始したところ、応募が殺到して約2時間で締め切るという騒ぎになった。

   同大ペプチドワクチン事務局によると、同日午前10時からホームページと自動応答による電話で受け付けたところ、午後12時までにホームページに1600人、自動応答に100人が申し込んだ。

   大学研究レベルでの臨床試験段階で、安全性や効果について確証はない。保険が効かないので高額な治療費もかかる。にもかかわらず、新しい治療法に期待を寄せる患者は多いようだ。

   今回の募集枠は約60人。各疾患によって細かく設けられた条件をクリアした場合のみ受けられる。今後も臨床試験を行い、次回の受け付けは数か月後を予定している。

   がんの治療は外科手術、放射線療法、化学療法の3つが一般的だ。理論上はがんに侵された部位を取り除けば元気になるはずだが、免疫が弱まり再発したり、治療による副作用に苦しむ人もいる。がんによる死亡率は今も高く、新しい治療法が模索されているが、「第4の治療法」と呼べるものは見つかっていない。

   日本で研究が進んでいるワクチンの多くが、薬剤にアミノ酸の一種ペプチドを使う「ペプチドワクチン」だ。がん細胞に特有のペプチドを患者に注射し、自身の持っている免疫力を高めてがんの増大を抑えるという仕組みで、東京大学、大阪大学、名古屋大学などでも研究が進められている。

腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀

   なかでも久留米大は、「日本でも、世界でも例がない」(同大)という珍しい治療法を取り入れている。通常、ワクチンは誰にも同じものを用い、いわば「既製品」であるのに対し、数10種ある薬剤から個々の免疫にあうものを最大4種組み合わせるという「テーラーメイド」方式だ。

   久留米大学免疫治療学講座の講師は、

「一人ひとりの体内の免疫機能は異なっています。コストは数10倍かかりますが、臨床実験の結果、テーラーメイドのほうが効果があることがわかっています」

と明かす。

   治療は週に1回、注射を打ち、6週連続で行う。注射を打った後は帰宅できる。かかる費用はおよそ60万円弱にものぼる。保険が効かないので患者には大きな負担だ。

   効果については、

「腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀で、効果としては認められていません。ただ、免疫反応が増強するのは確実であること、一部の患者については生存期間が延長するといった効果が見受けられます」

と説明する。

    ただ、がんワクチンの利点は副作用が少ないことで、他の治療法を組み合わせた利用が期待されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中