柏崎刈羽原発が運転再開 中越沖地震から1年10か月ぶり

印刷

   2007年7月の新潟県中越沖地震で被災し、運転を停止していた東京電力柏崎刈羽原子力発電所(柏崎市刈羽村)7号機の起動試験が09年5月9日に行われ、地震以来1年10か月ぶりに運転を再開した。順調に行けば1週間後に発電を始め、6月下旬には営業運転に移行する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中