小室哲哉被告に懲役3年、執行猶予5年の判決 大阪地裁

印刷

   大阪地裁は詐欺罪に問われた音楽プロデューサー・小室哲哉被告(50)に、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を2009年5月11日に言い渡した。これは小室被告が自作の806曲の譲渡話を男性投資家に持ちかけ5億円をだまし取った、という裁判。求刑は懲役5年だった。

   杉田宗久裁判長は、小室被告の犯行は悪質だが、真摯に反省しており、慰謝料などを含め約6億4800万円を弁済していることから執行猶予を付けた、と説明した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中