テレビ通販大手に排除命令 不当表示で

印刷

   公正取引委員会は2009年5月20日、実際には抗菌効果がない食品容器を「抗菌性がすぐれている」と紹介したとして、テレビ通販大手のジュビターショップチャンネル(東京都中央区)に対して、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める排除命令を出した。

   公取の発表によれば、同社は08年1月頃から同12月にかけて、ケーブルテレビやCSテレビで「抗菌保存容器『ターク』17点セット」など6種類の製品について、抗菌性があるかのように紹介していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中